東京のバーチャルオフィスを上手く活用できるかが勝負!

Virtual Office

バーチャルオフィスとシェアオフィスを混同しないよう注意しよう

男性

仕事の内容によっては、オフィスという物件を借りる必要はないが、オフィス用の住所と電話を借りる必要がある場合があります。そんな時に格安で利用できる便利なサービスがバーチャルオフィスです。
これとよく混同されるものとして「シェアオフィス」という言葉も最近はよく聞きます。が、シェアオフィスの場合は、借りるものは住所や電話番号ではなくオフィスという実態を伴うスペースです。ただ、それを自社専用に借りるのではなく、他の人と共有して使う点が特徴的です。オフィスを実際に借りて使うことから、シェアオフィスの場合はバーチャルオフィスに比べると利用料は高いので、実際に自分が借りる時には両者を混同しないように注意する必要があります。
バーチャルオフィスを借りる必要がある場合というのは、主に、自分のビジネスについて外部の人たちからの信頼度を強化するためですが、他にも、不特定多数の人に自分のプライベートの住所や電話番号を知られることなく事業を行いたい場合もバーチャルオフィスサービスがよく利用されます。
自分の仕事の性質に照らして、オフィス物件を借りる必要があるのかないのかよく考えて、必要なければバーチャルオフィスを選ぶようにしましょう。