東京のバーチャルオフィスを上手く活用できるかが勝負!

Virtual Office

バーチャルオフィスでスマートなフリーランスライフ

普段は自宅で仕事をして、クライアントとの連絡はメールか携帯電話。打ち合わせが必要になったら、自分でバタバタとレンタル会議室を探して予約を入れる。そんな落ち着かないフリーランスライフを送っている人は、バーチャルオフィスの活用に踏み切ってみてはいかがでしょうか。
バーチャルオフィスは、東京中の様々なエリアに進出しています。バーチャルオフィスの物件に実際に通勤するわけではありませんので、まずは誰もが名前を聞いたことがあるような東京都内一等地のオフィスを選びましょう。その住所を自分のビジネス用アドレスとして使い、さらに追加でレンタルした東京03始まりの固定電話番号とあわせて、信頼性の高い事業主としての対外的な体裁を整えます。固定電話にかかってきた電話は転送していただくか、代理応答オプション利用で受付嬢がスマートに応対してくれるので、クライアントとのコミュニケーションもグレードアップ。更に、ミーティングが必要になったら、これもバーチャルオフィスのオプションメニューで借りられる会議室をサクッと予約するだけで済んでしまいます。
東京のバーチャルオフィスをフル活用して、よりスマートなフリーランスライフにシフトしませんか。

バーチャルオフィスの効率のいい選定方法

東京でフリーランスとしてやっていくにあたり、自宅兼職場ではなくバーチャルオフィスというものを使ってみようと思った時、誰もが必ず直面する問題があります。それは、業者が多すぎてどうやって一社に絞ればいいのか分からないというものです。
実際、東京のバーチャルオフィスについてネットで少し調べてみれば、どこも似たようなサービスを提供しているというのが第一印象でしょう。
手っ取り早く絞り込みをしたいのなら、比較ランキングサイトをチェックするのが一番手軽です。ただし、東京のバーチャルオフィスは盛衰が激しいので、常に最新情報で更新している比較ランキングサイトを参照しなければ意味がない点は留意しましょう。
比較ランキングサイトに頼らず自分で情報収集して選びたいのなら、業者情報から選ぶよりも、自分のビジネスから出発して検討する方が早く正解にたどり着けるかもしれません。それは、自分がバーチャルオフィスを利用するなら、どんな機能が必須で、反対に「なくても特に困らないけど、あったらいいな」というレベルの機能は何かをリストアップしてみることです。そのリストを見ながら、東京の希望エリアの住所を使える業者メインで探してみれば、効率よく希望のバーチャルオフィスを見つけることができるでしょう。

バーチャルオフィスに関して実地でチェックしたいポイント2つ

東京でバーチャルオフィスを初めて利用する方は、果たして本当に使えるサービスなのかどうか、色々と不安な点があるでしょう。東京のバーチャルオフィスであっても、利用料が特に高いわけではないので、何か不都合な点があれば他業者に切り替えることも難しくはありませんが、折角利用するのなら、最初に契約したところを長く使えれば、一番面倒がなくていいですよね。
そのためには、契約するバーチャルオフィスに関して、可能な限りの情報収集をすることが大切です。情報収集する際には、ネットで調べて分かる範囲や、パンフレットを読んで分かることだけではなく、内容によっては実地でチェックする必要もあります。
実地チェックが望ましいポイントの一つは、電話の代理応答サービスです。東京都内のバーチャルオフィスは非常に数が多く、運営会社のカルチャーも千差万別です。マーケティングの目的から電話代理応答オプションを提供しているからと言って、その業者の電話の会話クオリティが高いという保証はありません。これに関しては、例えば、試しに実際に電話をかけてみれば、担当者の応答レベルをすぐにチェックすることができます。
もう一点は、レンタル会議室の実態です。必要なレベルのプライバシーやセキュリティを備えているかどうか等、自分が会議室を使う目的に照らしてチェックするといいでしょう。


上手く活用できるオフィスを探している方にバーチャルオフィス東京ならナレッジソサエティをおすすめします!バーチャルオフィスはフリーランスの方にも御用達です!ビジネスの幅が広がるので、ぜひ事務所をお考えの方はご利用してみましょう!